Youtube Live(ライブイベント)について - NonStop

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Youtube Live(ライブイベント)について

2015年01月05日 21:29

最近徐々に見かけるようになってきたYoutube Live(ライブイベント)を試してみました。
個人での利用も可能ですが、ニコニコのように視聴者が検索をしてアクセスすることは殆どないです。

今回使用する配信ソフトは、『Open Broadcaster Software v0.638b』です。

まず、どのように配信するかですが...
※チャンネルを作成した前提で簡単に説明していきます。

まずYoutubeの画面右上にある自身のアイコンをクリックしますと、「クリエイターツール」が出てきますので選んでください。
bandicam 2015-01-05 20-48-03-861


画面左側にある「動画の管理」→「ライブイベント」を選択し、右上の「新しいライブイベント」を選択します。

bandicam 2015-01-05 20-39-27-704


ここから配信内容や開始時間などの設定などにうつります。
「基本情報」のタブでは、タイトルや開始時間や説明文などの設定ができます。
ここで注意点なのですが、「種類」の「カスタム」を選択しましょう。細かい説明は割愛しますが、OBSを使用するための設定です。

bandicam 2015-01-05 20-39-54-807


次に「詳細設定」のタブです。
ここでは配信中の巻き戻し機能(DVR)の設定や動画と絡ませた内容の設定が可能です。お好みで決めましょう。
「収益受け取り」タブではYoutubeの動画と同じく広告収入を得る事ができるシステムのようですが、ここでは割愛します。
さて、設定が終わりましたら「予定を作成」をクリックしましょう。

bandicam 2015-01-05 20-40-54-502


「取り込み設定」となりますが、サムネイルについては説明文の通り、埋め込みなどで使用された場合のプレビューで使用されます。
次にビットレートの設定ですが、今回私は「取り込みの基本設定」を使用し、1500Kbps~4000kbps(720p)を選択しました。
ここはアップロード速度やPCスペックとの相談ですので、環境と相談しながら選択してください。

※選択した解像度とビットレートは、OBSの取り込み解像度とビットレートをあわせて行ってください。
※「ストリーム名」に記載されたストリームキーをコピーして、OBSの「プレイパス/ストリームキー」に貼り付けてください。

bandicam 2015-01-05 20-41-05-561無題



最後に「ライブ コントロールルーム」でプレビューと配信開始を確認できます。
ここでは、OBS側で配信開始ボタンを押すことでライブイベント側と通信ができているかの確認ができます。
確認が出来次第、プレビューボタンにて配信前の配信画質や音の確認がとれます。
配信時間になりましたら、「ストリームを開始する」を押して、配信を開始してください。
※現段階では、OBS設定→詳細設定→ビデオ→キーフレーム間隔「2」の設定をしないといけないようです。
※私の環境だけかもしれませんが、プレビュー時に720pの選択ができなかったようです。

bandicam 2015-01-05 20-41-27-574


という感じで、先ほどテストした動画がこれ。


大した動画でもなくプレイはお恥ずかしいですが、参考にしてくださるとありがたいです。
配信したものをそのまま動画化できる点はいいでしょう。ただ大きなコミュニティを持たない限り、視聴者数が伸びないのはニコニコと比べた時に劣る点です。コメント関してもニコニコに分がありますね。
因みにLIVEとはいえども、40秒ほど遅れて配信してるようです。(設定次第では治るか?)

更にYoutubeLiveで色々試してみますね!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://stansmith.blog123.fc2.com/tb.php/881-f7e0ee09
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。