Archives[ 2011年06月 ] - NonStop

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中にはすげーやつもいるもんだ

2011年06月29日 09:27


スポンサーサイト

【「ポジション2」恵比寿店】 「ミニT-1カーニバル」(ボルテックハンマー争奪シリーズ)開催決定!

2011年06月28日 11:29

【「ポジション2」恵比寿店】 「ミニT-1カーニバル」(ボルテックハンマー争奪シリーズ)開催決定!

当日は司会・実況として参加させて頂きます。
皆さん是非イベントに参加・観戦しにきてくださいな!

詳細ページ

切実に遊びたい

2011年06月28日 04:45

久しぶりに外で遊びたい!美味しいものが食べたいのだ・・・

トイ・ウォーズ実況プレイ甲子園 動画投稿完了

2011年06月25日 22:17



SR戦で結構はずしていますが、ちょこちょこ当たっています。若干参考になればと思います!

トイ・ウォーズの実況プレイ甲子園は参加賞もありますので、この機会に動画投稿してみてはいかがでしょうか!

【木曜日】トイウォーズで遊ばナイト☆

2011年06月22日 21:06



いつもの事ながら配信しますので是非ご覧ください。

また前回同様コーナーも設けてますのでご参加くださいな

誕生日

2011年06月22日 03:36

6月21日は誕生日でしたが、当然ながら家でStarCraft2などをプレイしていました。

勿論配信もあり、様々な方におめでとうを頂きましたがリアルは寂れている・・・。

しかしながら、日曜日に早めの「おめでとう」を2人から言われたので幸せな気持ちでいっぱいですよ!

今年の目標はsofで負けたbarusaと同じで、今年中に結果を残すことであります。


今までの戦績なんぞ振り返っても仕方ありません。まさに「振り返るのは評論家だけでいい」これですよね。

22歳になった私ですが、今後とも宜しくお願い致します。

TokyoGameNight 27 「PCFPS部 エコラウンド2011」

2011年06月21日 15:27

TokyoGameNight 27 「PCFPS部 エコラウンド2011」

トークイベントのゲストして出演することが決定しましたのでお知らせします!
TGNFPSの部は独特の面白さがあり、わいわいガハガハ笑って朝までお酒を飲みながらFPSをして沢山のFPSプレーヤーと交流を持ち騒ぐイベントになってます!

本番は終電組がいなくなってからの、明け方までの時間なのだ!


●開催日時
2011年 7月17日 (日) OPEN 18:00 / START 19:00
2011年 7月18日 (月・祝) END 04:00 / CLOSE 05:00

●開催場所
Asagaya/Loft A

●参加費用
前売 2,000 + 500 (1 Drink)
当日 2,500 + 500 (1 Drink)

開催予定イベント

●トークイベント

•元プロゲーマー集合!実はあんときこんなだった!
日本FPS界初の元プロゲーマー達による回顧トーク。
あの時語られなかったあんな事件の真相や、胸の内はどうだったのか…。
現役ガチンコゲーマーに今こそ熱いメッセージを!
放送禁止用語全開でお送りする酔っ払いフリートークです。

●パネラー

◦元プロゲーマー現サラリーマン uNleashed
◦FPSジゴロ・伝道師・実況・解説者 BRZRK
◦元プロゲーマー KeNNy
◦元プロゲーマー XrayN
◦現役プロゲーマー&自称芸人 YamatoN
◦未来で止まらなかった男 StanSmith
その他鋭意交渉中!
過去最大人数のゲスト数となります。

•アイム力向上!グズグズFPSクイズダービー!
FPSにちなんだかちなんでないかは知る人ぞ知る、国内最適当級やっつけクイズ企画。
古参・新参・女子・妖精カテゴリの8名が回答者として鎬を削ります。
全問終了時に会場とネットからの投票で勝者が決定する、クイズ意味無かったじゃねぇか!
なグズグズイベントです!

●プレイイベント

•ドキッ!DukeだらけのDNF Hail to The King 祭り
ついにあのゲームが出ちゃったみたいなんでとりあえずやります!
King of the Hill形式による、1ラウンド10名のバトルロワイヤル。
JUST COME GET SOME!

•NVIDIAプレゼンツ BFBC2バトルロワイヤル リベンジ
TGNスタッフ + NVIDIA からなるドリームチーム vs TGN参加チームによる、
豪華景品をかけたガチンコバトル。
チームが勝利すればいい?そんなありきたりな生ぬるい企画ではなく、
「勝利チームでスコア1位」が勝者となる鬼畜ルールを採用。当然味方の頭もぶち抜けます。
複雑なカンケイの中で戦いぬけ!

•PORTAL2 DUEL カスタムマップチャレンジ
今回もやります!日本人マップ製作者DIODIOさんのご協力のもと、
PORTAL2のCOOPモードを利用したDUEL対戦企画をご用意!
爆笑の展開を期待せよ!

•FlatOut 大会 (仮)
見た目はレースゲーム、中身はデスマッチ!
アホレースゲームと酒の融合。

•マリオブラザーズデスマッチ
ファミコンはマリオブラザーズで行われる、血を血で洗う争い。
今回も抱腹絶倒の試合内容となること間違いなし!
※先日の告知ではアウトフォクシーズデスマッチ(アフォデス)としていましたが、アーケード基板修理中のため、修理&動作確認が間に合えばアフォデスを開催します。

※上記イベントは予定となりますので、当日イベント内容の
変更が発生することがございますので、ご了承ください。

戦場のカルマ KCC 優勝

2011年06月19日 05:04

6月18日に行われた、戦場のカルマ ユーザー主催大会 KarmaClanCupで優勝を果たしました。

ユーザー主催大会とはいってもカルマ公式大会が1度も無いので、ほぼ全クランが集ったといっていい形の大会でした。トーナメントの山は非常に厳しく、寧ろどこと当たっても非常に強豪のクランばかりで苦戦しました。

特に1回戦は、Mapクレタを0-5で折り返してからの5-0で引き分け。引き分けの場合、今回の大会は代表者による1on1の10kill先取のAIMMAPになっており自分が代表者として出場しました。
自ら出たわけではないですが、クランメンバーがStanさん行ってこいと言われたので緊張もせず戦いまして、わりとさっくり勝つことができました。
そこの相手は非常に強かったのですが、AIMMAPは運良くそしてタイミングがよかったように思えます。
Qooya氏の劣勢からの殲滅がなければここまで行っていなかったというのもありますが、息を吹き返した「多治見盆地ーず」


そして2回戦目、こちらも相手としてはそこそこ強豪ですが1回戦に比べていつも通りの戦いができたのではないでしょうか。やはり大会ならではの緊張感はそれぞれあったと思いますが、自分は集中しながらマイペースに進めていました。試合内容に関しては特にないかな。

3回戦目は1回戦に続く強豪であり、前半5-4といい戦いはしましたが非常に勿体無い部分が多かった試合でした。
優勢なのにラウンドを落としてしまう場面などなど・・・。唯、自分がビレッジセンターで相手を抜きまくっていたので大分相手にプレッシャーがかけれたのではないかなと思っていました。
CT側にうつり、後半ラウンド3-4まで行かれましたがなんとか阻止し4-4。次ラウンド勝てば勝利、負ければ1on1というラウンド、テラス下から毎回うようよ自分がフリーに動けていたので、寄りも早くNiku氏・どんさんも爆発して取得し、決勝へ。内藤氏は相変わらずの安定感。

決勝は、いつも試合をしているALLIANCEで正直

「負ける気はしなかった」

相手の配置はある程度頭にはいっており、配置を入れ変えていようと読みが冴えていたのでシフトの指示が出せました。1:1の勝負でも全員負けてなかったのでその部分でも大分楽に進めました。
最近になって力をつけてきたALLIANCEですが、やはり自分達の仲間への信頼感や勝つオーラというのは強かったと思います。守りも若干無駄な部分はありましたがしっかりとれ見事優勝。

久しぶりの大会でしたが、ユーザー主催・オンラインとはいえいい経験をさせて頂きました。これで久々に優勝というタイトルを得られて自分としての経験値もあがり、知識もつきました。

戦場のカルマを初めて約2ヶ月しないでここまで実力をあげることができ、モチベーションを保てたのもクランメンバーのおかげでもあります。
非常にいい仲間と試合が出来て本当よかったと思っています。2008年、WarRockで優勝したメンバーに対抗できるほどのいいメンバー、いわば家族みたいな存在のメンバーに感謝しています。

これから自分は違う場所に力を注いでいきますが、カルマはちょこちょこプレイしていくと思います。
自分が作るこれからのクランもそのような環境にしていき、信頼・信用できるメンバーを育てていきたいと思ってます。


参加した方々、対戦してくださった方々、主催してくださった方々 本当にありがとうございました、お疲れ様でした。

クラン方針

2011年06月18日 19:17

クランのスタイルがちょこちょこ纏まりつつあります、昨日は初めて5人が揃いCWをしましたが初日にしてはまずまずの出来だったんじゃないですかね。即席で集まったメンバーであそこまで戦えたら十分です。

作戦も配置もスタ剤・BOXがない中、即席の作戦発動とかで賑やかにスッキリできたように思えます。

また、その後研究をしながら交流を深め知らないメンバー同士ですが徐々に仲良くなっていけてるようで安心しました。年齢差はあるものの、試合となったら関係ないので遠慮なくプレイして欲しいですね。

徐々に活動も増えていくとは思いますが、各自リアルもあるようなのでまだ制限はしません。

反省点も見つかったようですし、忘れないよう改善できるよう忠実に大会までプレイしていってほしいですな。

【木曜日】トイ・ウォーズDE遊ばナイト☆ 新コーナー追加

2011年06月15日 14:43

tw_5.jpg

木曜日のトイ・ウォーズDE遊ばナイト☆の担当をさせて頂いていますが、この度配信内容を充実させるべく様々なコーナーを設けました!

1コーナー10分程度の小さいコーナーですが、リスナーやユーザーの方々が楽しめるコーナーになっています!

さらに・・・

各コーナーのチャンピオンにはゲーム内マネー1000TPをプレゼント致します!


さて1つ目!!

ばずらないと

完全にお祭り馬鹿騒ぎゲームですね!

さて2つ目!!

ふぃぎゅあぞんび

ガンホーフェスタで行われた即席コーナーが復活!!
ゾンビを狩った者が勝ちなのだ・・・!ラストダメージを与えれば勝ちという運ゲー!
参加者8人なので、そこも運要素であります・・・。
しかしこの画像は良く凝っております、PCでタイピングしているかのような雰囲気を醸し出しています。

さて3つ目!!

おやまの大将

私がまず犬の上に立ち、妨害をしながら全員で頂上を目指す馬鹿ゲーアクション!
残念ながら自分が頂上にたてなかったら謝ります・・・。
FFAなので全員が敵です!倒して頂上を目指すのもあり!ただ、ずっと狩るのは大人げないのでやめましょう・・・

そしてラスト!

あばたー

まさに自分の心を奪った者が勝ちのこれまた運要素!今まで獲得してきたアバターなどを組み合わせてダサい!そして違和感あるファッションを作り上げてください。


以上4コーナーを設け、各コーナーのチャンピオンにはゲーム内マネー1000TPを贈呈致します。
また、このコーナーは毎週続けて行く予定ではありますが、時間の都合上割愛する場合も御座いますのでご了承ください。


さ・・・さらに・・・!

ニコニコ生放送のコメント数1000のキリ番を獲得した方にゲーム内マネー1000TPを贈呈!

合計5000TPの大放出になっていますが、初心者~上級者まで誰もがチャンピオンになれる可能性を秘めた内容になっていますので、是非ご参加くださいませ!


※画像製作協力 †青龍†さん

ARTISAN 紫電改 XSOFT ファーストインプレッション

2011年06月13日 22:06

110413-6a0120a607500b970c014e60da8458970c-800wi.jpg

こちらが今回レビューする紫電改です。
紫電改は「KAI.g2G」の後継モデルに位置し、「KAI.g3」紫電をより滑りやすくしたマウスパッドです。

紫電改は2種類+3サイズで計6種の型があります。

紫電改XSOFTと紫電改MIDがありますが、両方触った限りでは凄い差というものは正直なかった印象を受けます。

まず紫電改の表面はどうなっているか・・・!どんな触り心地なの?という方もいらっしゃると思いますが、自分なりに言葉で表現してみたいと思います。

下手な表現かもしれませんが『肌理が細かいまな板!』といったらいいでしょうか。あとは若干、紙に近いといいますか・・・。加工された紙みたいな印象です。

次にXSOFTとMIDの差とは・・・?
こちらも気になるとは思いますが、大きな違いというものはありません。飛燕Hard/Softの差ほど大きくないと表現しましょう。XSOFTとMIDの違いは、中間層の違いであり、中間層が変わることによりマウスパッド自体のすべりも大きく変わります。
簡単に言えば、沈み込むか沈み込まないかの違いなどです。
上記の通り、紫電改XSOFTとMIDで変わる部分は中間層の弾力であり、30分~1時間ほど両バージョンを使用しましたがプレイにどのくらい影響するのかなと考えても誤差の範囲ではないのかなという感覚です。

細かく動かした際の動きはあまり変わりなく、柔らかい中間層を使用しているXSOFTの方が「なぜか初動が早い?」という感覚でした。確信は出来ませんが、なんとなくこのような原理で早く感じたのではないのかなとは思いますが確定的ではないので今回は表記しません。
そして早く動かした時の挙動というのは、中間層が固い分MIDのほうが非常にスムーズに動きます!
一般的にゲーミング用で販売されているプラパッドに近いといえば近いですが、自由が利く部分もありますし非常にとめ易いです。唯、布パッドから来たプレーヤーからすれば滑りすぎという声もあがるとは思います。

何度も動かし、細かい操作や激しい動作を30分した上で自分がXSOFTを選んだ理由は、MIDは若干手が疲れる&肩が凝るのかなといった所。正直、初めて触った時はMIDのほうが好みでした。
ですが、10分~15分位触った上で同率になり・・・。そして最終的な判断が出来たのが30分を過ぎたあたりでしょうか。
中間層が固い分、早く動かした時に若干伸びてマウスが遊んでしまう部分が出てきたので、XSOFTを選びました。
やはりとめた時にしっくり来るXSOFT!


マウスパッドというのは最初に触った感覚だけではなく、しっかりプレイを想定して動かし時間を掛け自分に合うか合わないかを判断する。
そして、その素材やどういう構造をしているかなど細かい所に気をつけるのも非常に面白いです。

正直言ってしまうとこの紫電改は万人受けはしないと自分は感じます。
なぜならここまで性能が尖っているマウスパッドというのは、なかなか選び辛いという部分があるからです。
更に言えば、ホコリに弱いと感じます。これは表面がサラサラである以上仕方の無いことですが使用するプレーヤーがマウスパッドのケアをしていくことが必要になります。

ですがなんといっても、飛燕より耐久力もありますし力を抜いてプレイ出来るからというメリットがあるから私は選んでいます。
力まないでプレイできるというのは本当にAIMにおいて素晴らしい影響を与えます。

力を入れた状態で、細かく操作することができますか?

できないでしょう・・・。

このような事から紫電改XSOFTを選びました、出会ってよかったマウスパッドです。



<余談>
前回レビューで書いた、『飛燕 木鶏 SAMURAI | スペシャル・バージョン レビュー』の記事ですが、使用し続けて以前使用していた滑りの違う「Quakecon Hard」のほうが好きで慣れようと努力しましたが、やはり今の自分にとっては滑るマウスパッドのほうが好きみたいです。

悪いパッドはないですが、やはり劣化という部分も使用していくうちに気になってしまいます!


はてさて、このような余談の場で StanSmithと紫電改 の出会いという物を語りましょうか・・・

現在販売している飛燕がRev2とすれば、飛燕rev0の時にARTISANに足を運んだ時にテストとして置いてあった紫電改の試作版というものがありました。社長などは滑りすぎで没になったとか仰ってしましたが、私にとっては感動物でありその場で欲しいですと連呼したくらいです。ただMサイズだったので私の稼動範囲では辛い状態だったのですが、触った時に自分が初めてトキめいたマウスパッドでもありました。そこから色々改良されできたのが紫電改の現在販売されてるものです!
Hellsing/YamatoN/delave 多分彼ら3人は良く知ってることであろうw

ずっと紫電改まだ?俺これしかないと言ってたんです。そして・・・完成品を初めて使用し実際にゲームをガチでプレイした時に本当の自分に出会えた気がします。大概、初めて触るマウスパッドというのは馴染めなく慣れるのに時間がかかるものです。自分はそういう部分でわりと器用なのですぐ慣れる人ですが、それ以上にしっくり来すぎて感動していました。

そういう開発段階から知っていた、出会ってときめいてたマウスパッドを相方に出来て本当に幸せに感じてます。

ありがとう紫電改XSOFT



Amnesia: The Dark Descent レビュー

2011年06月13日 14:10

amnesia.jpg

インディーズゲームのホラーADVである『Amnesia: The Dark Descent』について今回は簡単なレビューをして行こうと思います。

元々気になっていたゲームですが、Steamセールでパックに含まれていたので・・・という流れで最近初プレイをしニコ生でクリアを目指していきました。

ストーリーは怖すぎてちょこちょこ飛ばしていたのでしっかりと把握していませんが、とある城の中に記憶がなくなってしまった主人公が、過去の自分からの手紙を見て・・・という流れ。

その城の中にモンスターが歩いているのですが、操作している主人公はなにも武器も持てないので隠れるか逃げるかの選択になってしまいます。ホラーゲームはあまりプレイしたことはないのですが、対抗策がないとなると本当に恐ろしいんだなと改めて思い知らされました。
大体のゲームは銃であったり、なにか倒す策があるのですがこのゲームは逃げる、隠れる、じっと待つという選択しかないんです。
逃げたら逃げたで足音たってモンスターにばれる恐れもあり、隠れたら隠れたでモンスターを凝視したり近づいてきたり、暗闇にいると主人公の正気度が下がってしまいます。
正気度が下がると、視界が眩暈を起こしたような表現になり非常にリアル。そして聴覚の部分もかなりおかしくなってきます。また息遣いも荒くなり余計モンスターにばれる要因になります。

単純にこのゲームはなにか?と質問されたら、ホラー謎解きゲームといってもいいでしょう。
マップ上に落ちているアイテムを拾ったり、物を動かしたり、アイテムを合成させたりして謎を解いていき進んでいくゲームです。
ただ、非常に暗いのでランタン+オイルで火をつけたり、火口箱で松明に火をつけたりできますが、勿論個数には制限があります。マップ上に落ちているアイテムを拾わなければ補充されませんので、その部分でも節約しなきゃいけない時もあるのです・・・。

インディーズゲームの中でも、かなりクオリティの高いものでグラフィック・BGM共に素晴らしい物になっています。ストーリーそっちのけで早くクリアしたい!この城から抜け出したい!という気持ちになるほど非常に怖いです。
ですが、ゲームとしてしっかりした作りとなっているのでプレイ中の満足感、そしてクリア後の満足感や制覇感が快感になります。

欲を言えば、もっとモンスターが出る頻度をあげて怖さがもっと欲しかった!それでも十分怖いんですけど・・・w


ホラーが苦手な自分ですが、非常に楽しめた作品になっていると感じます。
気になった方は是非ご購入を!

CFPOM + ARTISAN 新作マウスパッド

2011年06月12日 01:27

s-pomlogo.jpg

ユーザー主催の大規模オフラインイベントのCFPOMが本日開催されました!
CrossFireのプレーヤーらが自らイベントを企画し、運営の協力の下開催された大きなイベントでした。
秋葉原のアイ・カフェで行われ大盛況の中無事イベントが終了したそうです!

私は途中で抜け出し、神楽坂にあるグロウアップジャパンのほうに移動し、ARTISANの新作マウスパッドのテストを行いにいきました。

着いた時には既にtoriyamaさんがいて、社長と3人でずっと話していました。そこから、uNleashedこと田原さんが来て奥深い話までしていました。その後、XrayNさんとatomさん、そしてBRZRKさんという豪華な面々が集まりました。
Quake/CS1.6/CS:S/のトップの方々が来てそれに混じる形になりましたが非常に面白い話が出来ました。

C_m.jpg


さて、今回テストが行われたのは『疾風』(はやて)で、計3種類の布が用意されていて、それを触り自分の好みや感想、そして客観的名意見を言う感じの会議でした。
ある程度皆さんの意見が固まり、とても賑やかで楽しい時間が過ごせました。

その後、CFPOM終わりのVault面子+参加者がワーワーと訪問し計15名程でお話しておった。

世界を経験した彼ら、そして最初の豪華な面子と話をして今回のWarRockの大会で改めて世界へ行きたいという気持ちが高まりました。また、社長ともそのような話をさせていただいたので、期待を裏切らないよう杭のないように体当たりしていきたいです。


そして帰って即効、紫電改xsoft Lsizeを使用しています!簡単なレビューは後日行うことにします。

FPSFieldイベント

2011年06月10日 00:31

FPSFieldイベント内容

本日はNHN本社にてFPSFieldのイベントがありました!
詳しいイベント内容は上記をご覧ください!

かなりネタに走っていますが、見ている方々を楽しませるよう一生懸命盛り上げました。
SFについては穴りましたが、他の2タイトルについては十分な戦績をおさめることができました!

はてさて、自分に出来ることは宣伝・オフラインイベントを盛り上げる・声を出していくという部分なので、それをしっかり表に出しアピールしていきたいですね!

本日視聴していただいた方々ありがとうございました!関係者の方々もありがとうございました!

WarRock 世界大会

2011年06月07日 20:31

世界大会があるみたいですね、やる気が出た人も少なくないでしょう。
日本で使用している人は少ないMAC10等が向こうにはなかったり、ダメージの違いや集弾率の違いが大分違いますが・・・。

さて様々なFPSを経験したり、トップのFPSプレーヤーと沢山絡みがあり色々な話をする中、大会開催するにあたり制限が必要なんじゃないかという家意見が沢山出ています。

勿論WRに限っては、ディナー武器+5スロ+スタ剤+SP剤くらいでいいんじゃないかなというのが自分の中の意見です。スキンは運によってダメージが無効化になるという運ゲーであり、やはり技術を争うならこの仕様が一番なんじゃないかと思っています。

また、バグローリングに関しては海外蔵で使用できるのか?バグなのか仕様なのかをはっきりして欲しい部分はありますね。

マップはBO3とかに変更し、攻守交替をした上で勝敗を決め消化試合無しの試合でいいと思います。
攻め守りで有利不利ありますし、攻守交替をしっかりすれば公平に試合進行ができるのではないでしょうか。

沢山の意見があるとは思いますが、是非皆さんの意見を聞かせてください。


<追記>
世界大会に出るなら恥は晒せない、なので日本のWR界の兵科を交えたトッププレーヤーを集めて大会に出たいと考えてる。それが思い通りにならなかったら大会には出ないです。
これで負けたらどうしようもないというメンバーを集めて大会に挑みたいです。
我こそはといってくれるトッププレーヤーの方がいれば是非ご一緒しましょう。自分からも声をかけていきたいです。

ガンフェス2011 トイウォーズブース

2011年06月05日 16:42

gfess1.jpg

6月4日にガンホーフェスティバル2011が開催されました!
メインはラグナロクオンラインのRJC2011だったんですが、トイウォーズブースも負けじと沢山のユーザーの方に支えられ凄い盛り上がりを見せ無事終える事が出来ました。

朝早くに行われたトイウォーズのカンファファレンスの内容は
こちら
から見る事が出来ます!

このイベントが始まる前に、自分でイベントをどうすれば盛り上げれるかとか、自分にできる事はなんだろう。
自分にしか出来ない事ってなんだろうなど、色々な考えをして今回のイベントに望みました。

トイウォーズブースでは主に、司会進行や実況など、opayaさんの補佐役として声を張ってトイウォーズの面白さを伝えたり盛り上げたりしていました。オフラインイベントならではの楽しみ方を提供しようと努力しましたが若干うるさかったかもしれませんが楽しんでくれたようで本当やりがいがありました。

残念ながらドリームチームは完敗でしたが、次回は負けないようにしないといかんですね!

やはり、自分にしか出来ないことっていうのはだんだん把握してきていて少しずつですが成長しているのかなと・・・。

兵庫県から来ていていただいた方2名など遠い場所からも来て頂いて本当よかったです。勿論初参加の方、自分に会いに来てくれた方もいらっしゃったので本当感動ものです。


また是非オフラインイベントでお会いしましょう!

「ガンホーフェスティバル2011」に「トイ・ウォーズ」参戦決定!

2011年06月01日 21:16

2011年6月4日(土)に開催される「ガンホーフェスティバル2011」に「トイ・ウォーズ」の参戦が決定しました。

詳細ページは
こちら

私はドリームチームとして参加します!トイウォーズのイベントもありますし、当日発表される「目が飛び出るほどの発表」というのも気になります!

入場も無料なので是非皆さん足を運んでください!

gfess1.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。